群馬県太田市、しゃぶしゃぶ、すき焼きしゃぶしゃぶ太田市、ステーキ、牛かつ、ハンバーグ、ご宴会、接待、法事、

群馬 太田 観光

群馬 太田 観光

  • 自然と歴史が溶け込んだ街 太田
    太田市役所太田駅北口
    2012年に完成した東京スカイツリー開業により、太田駅は大きく注目されています。それに伴い、太田駅舎をはじめ車輌やダイヤも大きく変化を致しました。東京浅草からは特急両毛号により約90分。太田駅からは車で約8分。太田桐生ICからは約1分。東金井の交差点にある「しゃぶしゃぶすき焼き 舟木亭」

太田 観光スポット


【太田芝桜まつり】

太田芝桜グラデーション掛かったきれいな光景

時期 4月上旬から5月中旬
場所 太田市北部運動公園

 太田市北部運動公園では春の息吹を感じるにはぴったりの光景が広がっています。
芝桜・ツツジ・ネモフィラが18ヘクタールの公園丘陵地に力いっぱいの花を咲かせます。
その一面はピンク、白、青のパステルカラーで広大な広場を鮮やかに彩り、生命の力強さと花々による華麗なステージを繰り広げます。視界いっぱいに広がるあの光景はきっと思い出に刻み込まれることでしょう。

【八瀬川桜まつり】
八瀬川に咲き誇る桜
時期 毎年4月第1土曜日
場所 八瀬川桜通り

 メインステージは市内中央を流れる八瀬川通り。
川の両側に咲き誇る見事な満開の桜には和やかな気分になる効果があるのかも。とてもゆっくりとした気持ちになります。満開の桜が川の水面を覗き込むように立ち並ぶことで水面に移る景色と桜吹雪はまるで万華鏡のよう。
まるで地元に帰ってきたかのような気持ちにさせてくれるサービスは八瀬川祭りの醍醐味でもあります。地元の方たちによる桜茶や甘酒のサービスは心温まる思い出になりそう。日本文化に沿った出し物にも注目したいところ。周辺で行われる日本舞踊や和太鼓の演奏、夜には夜桜見物も。

【太田夏まつり】

夜空を染める一輪花

時期 7月下旬の土・日曜日
場所 太田駅北口(太田地区)、南口(九合地区)

毎年、地元の皆さんが楽しみにしながら催される【太田夏祭り】。
太田・九合、両地区が毎年個性あふれるテーマを選出し、住民主導といった形で大いに賑わいを見せます。
太田夏まつりは、東本町通り。
九合夏まつりは、南一番街通りが舞台。両地区ともに響き渡る囃子の音は夏の始まりを伝え、街を練りわたる人々と共に溢れんばかりの活気を街やお客様に伝えています。

【藪塚祭り】

画像の説明画像の説明

時期 8月第1土曜日
場所 藪塚本町中央運動公園

 この祭りのメインでもある八木節は栃木足利市、群馬県桐生市、太田市を中心として、多くの場へ届けられています。
八木節の伝える歌詞やメロディーには古き日本の伝統を感じさせる多くのテーマが詰まっています。群馬県を代表する民謡に子供からお年寄りまで多くの方が故郷を感じる【藪塚祭り】。こどもみこしや大原まつり囃子・だんべえ踊り・和太鼓も会場を盛り上げ一層の雰囲気を演出してくれます。

【尾島ねぷたまつり】

歴史が織りなす伝統芸画像の説明

時期 8月14日~15日
場所 尾島商店街大通り(国道354号線)

 舞台となるのは、群馬県高崎市から茨城県までを結ぶ大きな国道354線。
「尾島一丁目から亀岡神社手前」の区間。
この区間を歩行者天国にして、「ねぷた」が街を彩ります。
職人技の光る「ねぷた」は今にも動きだし怒号と共に歩き出しそう。
全てが腕一本で仕上げられ丹精こもった作品に息をのむことでしょう
全ての始まりは青森県弘前市と太田市との歴史的な運命によってはじまりました。
津軽藩の藩主が関ヶ原の戦いの功績により加増を受けた土地であったことが由来なのです。高さ7Mにも及ぶ勇壮な「ねぷた」の迫力は一見の価値があるでしょう。共に奏でられる独特の「ねぷた」囃子には初めて聞く臨場感と高揚感が快感になります。
多くの方が訪れる為、東武鉄道との連携も図られており、最寄駅である「木崎駅」や「太田市尾島総合支所」とのシャトルバスも運行しております。

【太田イルミネーション】
浮かび上がる景色
時期 11月上旬から1月上旬
場所  太田市北部運動公園

手先は悴み、吐く息は白く耳元まで続いていく季節、冬。
そんな季節の風物詩「イルミネーション」。
この季節、太田北部運動公園では冬の夜をロマンチックに演出する「太田イルミネーション」が催されています。
 春から夏、夏から秋と徐々に花々や木々もこのライトアップの為に準備をしてきたかのように佇みます。それらのセットには、約130万個のLEDを使い、古城や馬車など工夫を凝らした多くの大型モニュメントが煌びやかに光り輝いています。公園中央にある長さ約35メートルの階段は「レッドカーペット」をイメージしたライトアップがなされ、特に人気を集めています。

【全日本実業団対抗駅伝競走大会~ニューイヤー駅伝~】
緊張の一瞬
時期 1月1日
場所 国道354号~407号沿線

 風を切り、沿道の大歓声に応えるようにこだまする選手の呼吸と足音。日本を代表するプロランナーが、県内100kmを疾風の如く走りぬけます。駅伝の見どころは各区間で繋がれていく「襷」の存在にあります。各選手がこの大会に向けて挑んできた練習と、多くの応援が汗と力になりゴールである群馬県前橋市にあります、群馬県庁へと運ばれていきます。その区間でもあります、太田市の沿道では毎年多くの方が沿道に駆けつけ、一瞬一瞬の戦いに胸を躍らせています。市内には太田市役所の中継地点のほか観覧ポイントが数箇所あり、スポーツ観戦は勿論。この一大イベントの臨場感を楽しんではみませんか?

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional